それともうひとつ、陽気なドン・ファン、という印象も。「女を買

それともうひとつ、陽気なドン・ファン、という印象も。「女を買うならアルファロメオ」ローマで、彼は二日ほど姿を消したと思ったら、アルファロメオのレンタカーで現爽さっそうとホテル声をかけた。私は、ずいぶん張りこんだものだと感心して、しきりにエンジンルムを覗のぞきこんでいる彼に「フィアットじゃ、君:::」彼は後ろを振り向きながら叫んだが、急に声をひそめて、「フィアットじゃ君ね、高級なコlルガルはひっかからないんだ。あいつらは車を見て寄ってくるからな。とウインクしながら言った。なんと彼は昨夜、ボルゲゼの公園で流しながら実験してみたと言うのだ。今は知らないが、その頃のロろしていた。特にボルゲゼという公園は溜まり場だった。しかし日本航空のクルーでそんなとアルファロメオだと、そこそこのが拾える」マには、町の角々に、そういうおねえさんが二、三人ずったむたころに出かける男はいない。興味はあっても、勇気がないから、そんなヤバイところには近寄らない。ただ一人、いつも本音で生きている安部譲二だけが、嬉々として出かけていき、そして例によって大自慢で報告してまわるのであった。ナオもちろん、ほかのパーサーたちは、また直のやつが、という顔をしながら聞いていたが:::。かぶ』のコあるいは、みだしな酒や料理、礼儀作法、紳士の身噌み、どれに対してもひじように上質の知識を持っていた。滞在先のロンドンで、彼は『ダンヒル』『シンプソン』『ウエッジウッド』『バーバリ』といった店に私たちスチュワーデスを連れて行き、商品の説明をしてくれるのだが、これが実にくわしいだけでなく、どんなものをどんなふうに使うのが粋なのか、ということまで教えてくれる。かぽたとえば、ベッカリ!という南米産の河馬の皮を使った手袋をつけ『ボルサリノ』のハットを被っている男にアプリ 出会い系 で会ったら、それは本物の紳士と思っていい、というようなことや『バーバリトは絶対に洗濯しないのがお酒落なんだとか、紳士服は『シンプソン』がいい、パーティに「オースチン・リド』のタキシードなんか着ていったひにはウェイタひろうか、おそらく両親から仕込まれたのであろう知識を、いろいろと披露してくれる。に間違われるとそのほか、シャツをオーダーする時は、スーツの一分の一の値段のものを頼むこと、その際、仕立上がりのシャツをすぐにクリーニングに出し、返ってきたら、シャツ屋に再度持って行くことです。